HOME

全陶連は粘土瓦製造業における中小事業者の改善発達、経営の安定、合理化を図ることを目的とした団体です。

文字サイズ中大大大
HOME 新着情報 粘土瓦の紹介
甍賞・瓦の風景
統計データ 全陶連の紹介

甍賞

  「瓦」(かわら)が歴史上、初めて登場したのは約2,800年前の中国といわれ、日本にはおよそ1,420年前の西暦588年に百済から仏教とともに伝来し、飛鳥寺で使われたのが初めてとされています。   その後、日本において「粘土瓦」は優れた特性と造形美により受け継がれ、屋根材料として広く普及し、長い間、日本の美しい風景をつくりだす重要な要素の一つとして、必要不可欠な存在として歴史を刻んできました。瓦葺き屋根の並ぶ光景は、まさに伝統的な日本ならではの美しい街並みを特徴づけるものであります。

  私どもは、この素晴らしい素材「粘土瓦」が生むさらなる建築美を求め、数年に一度、「粘土瓦」を使用した建築物や構造物の優れた実施例を表彰、また次世代の建築を担う学生の方々を対象に、これまでの「瓦」にとらわれない新しい「瓦」の使い方に関するアイディアを募集する「甍賞」を開催しております。

受賞作品及び受賞者の紹介
■第17回 瓦屋根設計コンクール(2017年)
■第4回 学生アイディアコンペティション(2017年)
■第16回 瓦屋根設計コンクール(2014年)
■第3回 学生アイディアコンペティション(2014年)
■第2回 学生アイディアコンペティション(2012年)
■第15回 瓦屋根設計コンクール(2011年)
■第1回 学生アイディアコンペティション(2011年)
■第14回 瓦屋根設計コンクール(2008年)
■第13回 瓦屋根設計コンクール(2005年)
■第12回 瓦屋根設計コンクール(2003年)
■第11回 瓦屋根設計コンクール(2001年)
■第10回 瓦屋根設計コンクール(1999年)
■第9回 瓦屋根設計コンクール(1997年)
■第8回 瓦屋根設計コンクール(1995年)
■第7回 瓦屋根設計コンクール(1993年)
■第6回 瓦屋根設計コンクール(1991年)
■第5回 瓦屋根設計コンクール(1989年)
■第4回 瓦屋根設計コンクール(1987年)
■第3回 瓦屋根設計コンクール(1984年)
■第2回 瓦屋根設計コンクール(1982年)
■第1回 瓦屋根設計コンクール(1981年)
●歴代審査員の紹介



PAGE TOP
全国陶器瓦工業組合連合会

全国陶器瓦工業組合連合会事務局  〒102-0071  千代田区富士見1-7-9 東京瓦会館4階  [TEL] 03-3263-2840  [FAX] 03-3263-2837